【日本料理・会席料理・懐石料理】会席料理と懐石料理との違い


会席料理と懐石料理

〜違いはわかりますか?〜


日本料理の中にある二つの料理。
聞いた事はあるけど、さて?どう違うのかというとわからない方は結構いると思います。
しかもあまり身近なものというイメージはないとは思います。
口で言うのは同じ言葉ですが、漢字で書くと全然違うものだとわかりますよね。
ここでは「一つ豆知識」として読んで下さい。


会席料理

会席料理は宴席に供される料理の事です。
本膳料理がなくなった現在、日本料理に於いては、儀式などで出される最も正統な料理形式です。

会席料理とは「酒を楽しむためのもの」なのです。

会席という意味はもともと歌や俳諧の席の事を言います。
江戸時代にこういった会席が料理茶屋で行われるようになり、主席向きの料理が工夫されるようになりました。
会席料理の献立は、一汁三菜(吸い物、刺身、焼き物、煮物)が基本でこれにお通し、揚げ物、蒸し物、和え物、酢の物などの肴が加えられます。
最後にご飯と味噌汁、香の物が出されます。

会席料理の基本は
前菜・お吸い物・刺身、焼き物、煮物、揚げ物
蒸し物、酢の物、ご飯・香の物、果物の順番です。

刺身.jpg

懐石料理

懐石料理とは茶道の形式に則した食事の形式のことです。
起源はどうやら会席料理と同じであったようです。
懐石とは寒い時期に軽石などを火で加熱したもの、温めたコンニャクなどを布に包み懐に入れる暖房具を意味します。

現代では茶道においても共通する客をもてなす本来の懐石の意味ではなく、茶会の席上で空腹のまま刺激の強い茶を飲むことを避け、ちゃを美味しく味わう上で差し支えない程度の軽食や類似の和食コース料理をさすといった意味に変化しています。

茶懐石以外のところでも日本食を扱う飲食店で懐石料理を提供するところが増え、茶事における懐石を特に「茶懐石」と表して区別する事もあります。
今は出す料理に関しても省いたり、料理の後に薄茶を出さないこともあるようです。
一昔に比べると随分ラフな感じにはなっているみたいですね。
店ではその方の考え方次第でどうにでも変化していくという事でしょうね。

刺身2.jpg